1972年11月2日、大阪市生まれ。
 1991年神戸大学文学部に入学。カリキュラム編成や大学改革問題など、「学生の声を大学運営に」と学生自治会活動にとりくみ、文学部自治会委員長も。

 卒業間近の阪神・淡路大震災では、学生の安否確認や下宿の確保、学費減免などの救援活動に奔走。

 95年大学卒業後、日本共産党兵庫県委員会に勤務、その後約10年間、被災者への個人補償を求める運動や「空港よりも住宅を」と被災者支援の活動とともに、青年運動へ尽力。2004年に参議院選挙では比例代表候補として奮闘。
 2007年、2010年の参院選兵庫選挙区候補、2012年、2014年総選挙比例代表近畿ブロックから立候補。2014年衆議院議員に初当選。この間、医師不足の解決と公立病院を守る運動、郵政民営化に伴う郵便サービス低下を許さないとりくみ、「派遣切り」など青年雇用問題、農林漁業や地域経済の振興、介護と障がい者施策、子育て・教育、震災復興の残された課題、憲法と平和、核廃絶のとりくみ…と、切実な願いの実現へ奮闘。
 とりわけ、2010年の3月11日の東日本大震災以降は、救援ボランティアをはじめ被災者支援と、原発をなくし、自然エネルギーの普及へのとりくみの共同を広げ、子どもたちの未来に原発はいらないと奮闘。

 現在、衆議院議員、党准中央委員。家族は妻と05年生まれ、09年生まれの2男。神戸市須磨区在住。地域ではPTA会長も務めた。