今日から通常国会がはじまりました。
 夕方には、神戸・元町の大丸前で、野田首相が今国会で通そうという消費税の大増税は許さないと宣伝。
 朝からは、宝塚市で、中川智子市長や商工会議所、医師会などを訪問、午後は伊丹市で、市長(秘書課)、商工会議所、医師会などを訪問し、懇談しました。
 消費税増税については、わが党は「3つの大問題」を明らかにして、消費税増税を許さない共同を呼びかけています。
 そのひとつは、税金の無駄遣いを続けながらの増税を許していいのか、第2には、「税と社会保障の一体改革」と言いながら、社会保障は「改悪」メニューばかりであること、第3には、この大増税で景気も暮らしも破壊され、税収も減ると財政再建もままならない、こんな増税は許せないということです。

 1997年の自民党、橋本内閣時に、消費税が3%~5%の増税となりました。このとき医療費の値上げなど総額9兆円もの国民負担増となりました。阪神・淡路大震災から2年後のことで、兵庫県内の被災地では、震災に加えての2重苦に苦しめられました。日本全体でも、当時、バブル崩壊後の低迷していた景気が上向きかけていたのに、この大負担増で、谷底に突き落とされる格好となり、増税したにもかかわらず税収はむしろ減ってしまいました。借金もその後増えるばかりでした。
 今度の野田首相の計画は、当時の9兆円の負担増どころではありません。消費税増税だけで13兆円、その他の社会保障改悪負担増を含めると16兆円にものぼると言われています。この間、国民所得は減り続けています。昨年には東日本大震災もありました。こんなときに大増税・大負担増を強行すれば、国民の暮らしも、日本経済も、破局的なものとなり、財政だってたちゆかなくなります。

 国民への大増税ではなく、税金の無駄遣いを改めるとともに、内部留保を増やし続ける大企業や大資産家への減税をやめ、応分の税負担を求め、また国民全体で社会保障財源を支える際にも消費税増税ではなく応能負担の原則で税制改正をおこなって社会保障財源を確保し、福祉の制度を立て直すこと、派遣法の改正など正規雇用が当たり前のルールづくりなど、将来不安をなくしたり、所得を増やすことで、国民の懐具合をあたため、消費の力を上向かせてこそ、日本経済の弱点である冷え込んだ内需を拡大し、景気回復、税収の増と財政再建の道も開かれます。

 消費税増税に反対するだけでなく、その対案、希望ある未来への展望もしっかりと訴えていきたいと思います。

○先日、ヘーゲル著『大論理学』(岩波書店)を読了。並行して、見田石介『ヘーゲル大論理学研究』、『ヘーゲル大論理学 概念論の研究』(ともに大月書店)、『ヘーゲル論理学講義 ベルリン大学1831年』(文理閣)も。
 2010年秋からおよそ450日かけ、1日2、3ページづつで、ようやく読み終えました。
 難解でとても理解したとはいえない到達ですが、なんとか読み通しました。
 カテゴリーから次のカテゴリーへの展開にあたっては、概念の自己展開を「こじつける」ような論理展開で、なかなか理解しがたいのですが、発展の論理、対立物の相互浸透、現象と本質(本質とのその発現)、自由と必然性など、弁証法の諸特徴、諸法則、その叙述の中に展開される現状変革の哲学など、目を見開かされることも。
 とりわけ、必然性や法則と、人間の主体の自由との関係、「理性の狡智」について、大学時代に、ヘーゲルの歴史哲学を取り上げた際に、キーワードとなった言葉への理解も深まり、今後さらに探求してみたいとの思いにも駆られました(大学時代にはいかに浅い理解で論文を書いていたのかと恥ずかしい限りですが・・・)。