今日は、共産党の兵庫県保育後援会、兵庫区業者後援会、芦屋市後援会、東灘区後援会などの総会や新春のつどいで講演、あいさつをおこない、参加者お一人おひとりとごあいさつ。
 どこでも消費税の大増税を許すなと、3つの大問題(①税金の無駄遣いを続けながらの増税は許せない、②社会保障削減をしながらの増税は許せない、③いま増税をすれば景気も暮らしも破壊され、財政再建も困難に)と、社会保障を支え、財政再建をすすめる財源の対案(①税金の無駄遣いと富裕層・大企業への行き過ぎた減税を正す、②応能負担の原則で税制を民主的に改革する、③同時並行で、正規雇用の拡大、賃上げ、下請けいじめをやめさせるなどのルールをつくり、大企業の内部留保を社会に還元させることで、内需拡大と景気回復、そして税収増、財政再建へ)を訴えていますが、とりわけ、いま増税をすれば景気も暮らしも壊されるという点では、阪神・淡路大震災を体験した兵庫県民にとっては、その後97年の消費税の5%増税で、震災と増税という2重苦を強いられてきたことから、東日本大震災の被災地のことを考えても、こんな増税はやるべきではないというのがみなさんの実感です。

 かつて、97年のこの9兆円もの負担増について、野田首相は野党議員時代に「もっとも愚かで、もっとも無意味で、破壊的な経済政策」と評したそうですが、当時より国民所得が50万円以上も落ち込むなかで、当時を上回る13兆円から20兆円もの負担を増やすという野田首相の増税計画こそ、「もっとも愚かで、もっとも無意味で、破壊的な経済政策」だと言わなければなりません。