IMG_2827
 今日は、原発なくし自然エネルギーを推進する兵庫の会の一員として、兵庫県、神戸市、関西電力へ要請行動。写真は、兵庫県への申し入れ。県議団のみなさんもご一緒に。
 夕方には、宍粟市へ行き、岩崎良樹副市長と懇談、夜には栗山忠雄兵庫土建宍粟支部長ら役員のみなさんと懇談。
 この間、報道されているように、関西広域連合が「声明」を発表し、大飯原発再稼働へ「容認」に転じたことで、非常に緊迫した状況となっています。関西広域連合会長としての井戸兵庫県知事の責任は重大です。

 私たちの要請行動に兵庫県当局からは、「『声明』は再稼働の是非を判断したものではない」とか、「マスコミで報道されているような『容認』したものではない」というものの、「現在の基準が『暫定』的なものであり、限定的な判断をおこなおうとしているという国の説明を『理解』し、再稼働の判断を政府に委ねるというものだ」と説明。
 世間では、こういうことを「容認」というのではないでしょうか。国の判断や態度に一言も「異議」を唱えていないのですから。

 そもそも、福島の事故の収束もまだ、原因究明もまだ、安全基準もまともに満たさず、独立した規制機関もなし、住民の避難計画もないままに、再稼働などもってのほかです。
 ましてや、若狭湾の活断層の新たな評価もすすんでおり、そうした知見も踏まえないというのは、無謀といわなければなりません。
 明日は、この件で現地、福井まで行ってきます。

 宍粟市の副市長や兵庫土建支部のみなさんとの懇談のテーマは、「経済提言」(こちらはダイジェストパンフ)です。

 副市長は「いまは(増税の)最悪のタイミング」「新自由主義のやり方が果たして日本に合うのかどうか」など、今の増税計画への反対と、内需主導の健全な日本経済の発展への道について話に。
 土建組合では、「建設現場の賃金は下がりっぱなし」「若い人が継げない」などの現状と、公契約条例(法)や住宅リフォーム助成への期待などが語られました。金田峰生参院兵庫選挙区予定候補らとともに伺いました。