※時間の関係で原発問題にふれることができませんでしたが、もちろん原発ゼロへ、自然エネルギーの普及をというのが私の立場です。