当選万歳
 昨日投開票された衆議院・総選挙で、私、堀内照文は、比例代表近畿ブロックから当選することができました。
 多くの方々のご支援に感謝もうしあげます。

 日本共産党は比例代表近畿ブロックで、2議席から4議席への倍増、全体で8議席から21議席への躍進となり、単独で議案提案権(予算を伴わない)を手にすることができました。

 今回の選挙は、自民党員だという方から、「安倍首相はもはや保守ではない。危ない。これを止めるには共産党しかない」と声が寄せられるなど、安倍政権の暴走を止めるには共産党しかないとの期待が寄せられたのが大きな特徴でした。
 それは、わが党が、安倍政権と正面から対決するとともに、国民的な対案を示し、その実現へ多くのみなさんと共同を広げてきた姿勢が評価されたものだと、肌身で感じる選挙戦でもありました。

 同時に、沖縄での1区赤嶺政賢さんの勝利をはじめ、「オール沖縄」候補の全勝、自民党の全員落選という結果は、政策の一致にもとづく共同こそが、今の政治を変える確かな力となるものを実感させるものでした。

 国民のみなさんの声をしっかりと国政へ届け、願い実現へとことん頑張りぬく決意です。
 今後ともご支援をどうぞよろしくお願いします。

 ※写真は万歳をする右から山口勝利党大阪府委員長、宮本岳志、こくた恵二、清水ただし、私の今回当選した各氏、辰巳孝太郎参議院議員。