kigyoukenkinkinsi
 昨日夕方、共産党衆議院議員がそろって、衆議院に対して、企業・団体献金全面禁止法案を提出しました。
 「政治とカネ」をめぐっては、政府の補助金を受け取っている企業からの献金問題が今国会大問題になっています。
 維新の党なども、企業・団体献金禁止法案を出すなどの動きがありますが、同党の法案は、形を変えた企業・団体献金として抜け穴となっているパーティ券収入は不問に付したままです。また、わが党以外が税金を分け取りしている政党助成金にも手を付けようとしていないことも問題です。

 わが党の提案は、この国会冒頭に出した政党助成金を廃止する法案に続き、企業によるパーティー券購入も寄付とみなすことで、抜け穴を完全にふさぐ企業・団体献金禁止法案となっているという点が大きな特徴です。
 企業・団体献金の禁止、政党助成金の受け取り拒否を自ら実践している党ならではの提案です。目前のいっせい地方選挙でも、政務活動費など「政治とカネ」が大きな争点。世論で他党を包囲するとともに、日本共産党の全前進で、きれいな政治の実現を!