今日の衆院厚労委員会で、派遣法案の質疑終局が強行されました。
 この間、委員長職権で委員会が建てられる異常な事態が続いています。

 先日も書きましたが、火曜日の参院の委員会で衆院委員会での答弁の重大な誤り(虚偽?)が明らかになっているにもかかわらず、翌日水曜日の委員会は、派遣法案の審議。その翌日には、定例日でもないのに、委員長職権で年金問題の審議を強行。いずれも、金曜日の採決に向けて、派遣審議の時間を確保し、また年金問題での国民的批判を気にして、無理矢理定例日でない日に審議を押し込んだとしか思えない乱暴な運営でした。

 国民的な批判も高まる中、今日の派遣法案の採決は見送られました。
 週明け、正常化へむけ、年金、派遣とも、私たちが出席できる環境をつくることが与党などに求められています。私たちは、総理質疑も含めて補充審議を求めています。

 年金情報流出問題では、ついに、詐欺被害も出てしまいました。責任を果たせる国会へ、正常化と充実、徹底審議を求めて頑張りたいと思います。