先程、参院特別委員会にて、戦争法案の委員会「採決」が強行されました。
 今日は、朝から異常な運営でした。昨日の地方公聴会後の委員会での締めくくり総括的質疑を強行しようと、深夜3時40分ころまで断続的に理事会が開かれるなど攻防が続きましたが、委員会がついに開かれず、今日の朝8時50分から原状復帰する形で再開が約束されていました。

 しかし、突如、与党から理事会を、理事会室ではなく、委員会室でおこなうことと委員会開会を強行。これに野党が抗議して、理事会開催となりました。
 その後、委員会再開となり、冒頭、野党から鴻池委員長不信任動議が出されるもその処理を巡っても不正常な事態となり、休憩を繰り返しました。

 午後1時から動議の趣旨説明と討論がおこなわれ、わが党から井上哲士参院国対委員長が賛成討論(ぜひ動画をご覧ください!)
 討論終了後、採決がおこなわれ、動議は否決。

 鴻池委員長が席に戻ったところで、今後の進め方等について協議をするために、野党理事らが委員長席に集まったところで、自民党議員らが大挙して委員長席に詰め寄り、騒然となる中、「採決」が強行されました。与党による異常な暴力的な運営です。
 当然、委員長の声など聞こえません。何が議題になっているのかもわからないまま、与党議員が「起立」しただけです。

 こんな「採決」は認められません。議長は、委員会に差し戻すべきです!

(追記)小池晃副委員長のツイートより
本日の参議院特別委の速記録が出ました。まったく聴取不能で、何をやったのかわかりません。自民党の説明では、採決動議、法案二本、付帯決議、委員会報告の5回採決したと言うのですが、そのような記録なし。まったく無法、無効です。
CPGPnUcUYAA5lar