政策と主張

関西電力および日本原電に申し入れ

 今日は、関西電力と、福井県敦賀にある日本原電へ申し入れをおこないました。
 清水ただし衆院比例近畿ブロック予定候補、藤野やすふみ同北陸信越ブロック予定候補や、近畿、福井の各地方議員や国政予定候補が参加しました。

 関西電力では、再稼働中止や原発からの撤退を求めた要請に対し、「エネルギーセキュリティ、環境、経済性から安定供給のために原発が必要。安全が大前提で、3E+Sです」とこたえましたが、3・11の原発事故で明らかになったように、ひとたび事故を起こすと、エネルギーセキュリティという点で、とても安定供給などできるようなものではないことが明らかになりました。また環境という点でも、事故で大変な放射能汚染を広げるだけでなく、事故がなくとも、ウランの採掘、運搬はもちろん、使用済み核燃料を何万年も保管するなど、どれだけのCO2を排出するか計り知れません。経済性という点でも事故の賠償など、今回の事故に限っても解決がつかないくらいのものになっています。原発の必要性の論拠というには、あまりにもお粗末です。
 また、「大前提」という安全面でも、従来の説明の域をでず、免震重要棟の建設、防潮堤のかさ上げ、送電鉄塔の倒壊対策、フィルター付ベントの設置など、当面、求められている対策が2~4年後に先送りされている問題も、「問題ない」とする、活断層などの調査も、「今後時間をかけておこなう」など、今回の再稼働が何ら科学的な知見も踏まえない新たな「安全神話」ともいうべきものだということが浮き彫りになりました。

 日本原電では、40年をこえ、50年までの使用を政府から評価を受けた敦賀1号機(現在は停止中)について、あと10年ではなく、4年後の平成28年度までで運転を停止すると表明しました。

 ここで問題になったのは、滋賀県など近隣自治体との安全協定の問題です。滋賀県や高島市、長浜市、米原市などと、協議をすすめているとのことでしたが、原電側が、協定を、立ち入りや稼働の是非の判断など、立地自治体並の権限のあるものにするかについては、難しいとの認識を示したことに、出席者から批判が相次ぎました。事故となれば、放射能汚染は、市境、県境を越えて広がります。被害は立地も近隣も同じように広がります。その安全のための協定を、立地自治体と近隣自治体とで差別する道理はありません。
 原電側からは、立地自治体から理解がえられないとの趣旨の発言がありましたが、近隣自治体との協定は、安全対策の強化につながり、立地自治体の住民の賛同をえられないはずがありません。
 「安全」を一番において、近隣自治体とも、実効ある協定をと強く求めました。

 続きに、要請文を掲載しておきます。続きを読む

新たな「安全神話」にもとづく大飯原発再稼働を撤回し、「原発ゼロ」の政治決断、抜本的な安全対策を求め政府交渉

GEDC0415
 今日は、昨日に引き続き東京です。大飯原発再稼働の撤回と、原発ゼロ、抜本的な安全対策などを求め、政府交渉をおこないました。
 こくた恵二、宮本たけし両衆院議員、山下よしき、井上さとし両参院議員とともに、藤野やすふみ衆院比例北陸・信越ブロック予定候補、清水ただし同近畿ブロック予定候補をはじめ、福井と近畿各府県の衆院小選挙区予定候補、各府県議、市町議らが参加しました。

 経済産業省、環境省、文部科学省に対して、約1日かけての要請行動となりましたが、全体として感じたことは、電力会社の言うがままに新たな「安全神話」にしがみつき、とても原発・原子力を規制する役割は果たせていないということです。

 再稼働問題では、「福島並みの津波が来ても大丈夫」といいながら、国会事故調の報告をどう受け止めているのかと問われると「1号機の解析はまだ終えていない」、最近相次いで指摘されている若狭湾の活断層やプレートといった新たな知見については、「今後、調査をおこないますが、予算の関係でどこまでできるか…」、さらに「福島以上の津波がこないと断言できるか」と問われれば答えられないと、本当に科学的知見も、道理もない再稼働だということが浮き彫りになりました。これをもって「安全」を強弁するのですから、まさに新たな「安全神話」です。そしてさまざまな基準値の問題でも、防災計画の問題でも、何かといえば、今後できる「規制庁で決められていくことです」というだけです。

 ここのところ報道もされている意見聴取会での電力会社社員の発言について、「利害関係者が話すことは、公平性に欠けるからやべるべきだ」という指摘に、「誰が電力会社社員かは分からない」「どこまでをもって利害関係者と見なすかは難しい」など理由にならない理由で、拒否。しかし、この点については、ほぼ同じ時間、古川国家戦略担当相が、「適切でない」「改める」との趣旨で記者会見をしていたそうです。当然です。

 計画停電問題では、近畿の参加者から医療・福祉施設や在宅患者などで起こりうる深刻な影響について、懸念が相次ぎました。私も、事実上、2次救急を担っている尼崎医療生協病院が停電除外の対象になっていないことや、充電器付きの機器が最近発売されたばかりで普及していない痰の吸引器の問題について、在宅患者さんへの深刻な影響について紹介し、対応を求めました。
 しかし、政府の担当者は、あれこれの現行の対策を述べて「乗り切っていただきたい」というだけでした。
 もともと法律では、電力会社に供給義務があることが明記されています。どうしても電力が足りない場合、法で定められているのは、大口需要者への総量規制をかける「電力使用制限令」の発動です。「計画停電」なるものは、何の法的根拠もないやり方で、いわば電力会社が勝手に計画しているものです。
 どうして、法で定められた方法をとらずに、国民の多数の命や生活を脅かす「計画停電」なのか。まったく電力会社言いなりです。

 さらに世論と運動で追い詰め、政府を動かすため、引き続きがんばっていきたいと思います。
 続きに要請項目の全文を載せておきます。続きを読む

今日は福知山で訴えてきました

 今日は、神戸医療生活協同組合の総代会に来賓として参加した後、元町・大丸前で、兵庫県立こども病院のポートアイランド移転計画の撤回を求めて宣伝。その後、一路、京都は福知山へ。市田忠義書記局長を迎えての京都5区の演説会でした。吉田さゆみ衆院京都5区予定候補とともに訴え。
 続きに、今日の私の訴えのうち前半部分(自己紹介と比例代表の訴えに関するところ)を紹介しておきます。なお後半は、3月に神戸でお話した内容と重なりますので省略します。続きを読む

「いまの緊急の事態にこたえるいい提言だ」~盛況だった兵庫経済懇談会

20120508_185328
 今日は、小池晃政策委員長を迎えての兵庫経済懇談会でした。大学教授や、ある地方議会の議長など、260人の参加者で会場はあふれました。(9日付の「しんぶん赤旗」報道によれば、この議長は「私は自民党で、イデオロギーが違う講演会にはじめて参加しました。大変勉強になった。共産党は財源も示さずいいことばかり言うというイメージでしたが、話を聞いてすばらしいと思った」と語ってくれたそうです。9日追記)
 小池さんの話のあと、私からも若干、報告させていただいたあと、各分野のみなさんから「いまの緊急の事態にこたえるいい提言だ」(平野喜一郎三重大学名誉教授)、「子どもの医療費無料化の町独自施策に国から1000万円を超えるペナルティがつく。これをなくす政治を」(嶋田正義福崎町長)、「財政からでなく、国民がどういう医療、福祉を望むかから制度設計がされるべき」(川西敏雄兵庫県保険医協会副理事長)、「中小業者の営業を壊し、大企業優遇の消費税増税には、『命をかけて』反対しなければ」(磯谷吉夫兵庫県商工団体連合会会長)とそれぞれ発言。
 フロアからも発言が相次ぎ、活発な質疑がおこなわれました。私の発言の要旨を掲載しておきます。続きを読む

ママ・パパネットカフェin東大阪&兵庫4区の演説会

DSCF3914
 今日は、午前中、東大阪まで出かけて、ご当地のママ・パパネット主催のカフェ(つどい)に参加しました。
 昼前にこの会場を後にして、電車に飛び乗り、午後からの兵庫4区演説会に滑り込み。宮本たけし衆院議員を招いての演説会で訴えました。
 ここのところ、更新が滞っていましたが、明日(日曜日)におこなわれる尼崎の演説会の案内活動などもかねて、今週は、主に尼崎で、庄本えつこ衆院兵庫8区予定候補とともに訪問や街頭宣伝にとりくみました。続きを読む

神戸の演説会に1500人!ありがとうございます

0302kobe
 今日は、神戸で演説会でした。
 こくた恵二衆院議員・国対委員長の代役で、宮本たけし衆院議員がお話し。国会での党議席の値打ちを生き生きと語り、会場がおおいに沸きました。兵庫の経済をどうたてなおすかの解明もさすがです。

私の訴えを続きに掲載しておきます。
続きを読む

看板に偽りあり?これで本当に脱原発か?~国会議員に聞いてみよう 原発どうする?神戸ミーティングに参加して

 今日は、東日本大震災からちょうど9ヶ月目の日。長田区女性後援会総会にてあいさつしたあと、三宮で毎月おこなっている震災復興と原発ゼロへ向けた街頭宣伝。午後からは、「国会議員に聞いてみよう 原発どうする?神戸ミーティング」に参加しました(ここに主催者のブログがあります)。
 ここには、私のほか、みんなの党から3人の次期衆院選挙区予定候補、社民党現職衆院議員、新社会党の代表が参加し、それぞれ発言し、質疑応答がおこなわれました。

 今日のタイトルに書いた私の疑問は、みんなの党の政策です。「脱原発」を掲げているものの、よくよく聞けば「政治の力で原発をなくすというものではない」「電力自由化をおこなってコストのかかる原発ではやっていけないようにして自然淘汰させる」というものです。
 会場からは、「結局、放っておくということか!政治家の役割はどこにあるのか」と厳しい質問も出されましたが、私も同感です。ほかにも「署名を集めても政治を変える力にならない」という発言もみんなの党の女性から飛び出して正直驚きです。
 原発をなくすためには、さまざまな政治的な立場の違いを超えて、原発ゼロへの一点での共同を広げることが必要です。政治家と市民とのこうした率直なやりとりを通して、原発ゼロをしっかりと迫っていくという点で、今回のとりくみは参加させていただき、なかなか面白かったです。関係者のみなさん、準備なども含めて大変お世話になりました。ありがとうございます。
 当日の様子はこちらでみれるようです(この画面の30分ごろからが私の発言の番です)。
 続きに、主催者からのアンケートへの回答を掲載しておきます。続きを読む

日本原電への要請のハズが…

 今日は、先週からとりくんでいる原発問題シリーズの最終、福井県の敦賀原発を運転する日本原電へ要請に行く予定でした。ところが、大阪駅まで出てみると、福井方面へ行く特急が事故のため運休に。
 というわけで、私は残念ながら参加できませんでした。要請そのものは、他のメンバーでおこなっていますので、一応、要請書の全文を「続きを読む」以下に掲載しておきます。この要請で、政府と若狭湾で原発を運転している会社(関電と日本原電、ちなみに「もんじゅ」は文部科学省)と、関連するすべてに要請行動をしたことになります。続きを読む

それでも原発は「安全」ですか?~関西電力への要請

関電交渉③
 今日は、先週22日に続いて、原発問題での交渉のため、関西電力本社まで行ってきました。関電への要請は6月に続いて2度目です。
 要請書の全文は、「続きを読む」以下に掲載しておきます。
 関電側の態度は、この期に及んでも原発を「安全だ」と断言するとんでもないものでした。その一方で、福島の事故の原因については、まだ究明中であることを否定しないのですから、本当に支離滅裂です。私がそのことを指摘して、「『安全』の途上だという認識はないのか」(私たちはもちろん「安全な原発などない」という立場ですが)と重ねて聞いても、「安全です」を繰り返すのです。電力会社というのは、本当に「安全神話」にどっぷりつかっているんだと実感しました。こんな認識で再稼動などもってのほかです。

 夕方には、12月11日に「国会議員に聞いてみよう!原発どうする?神戸ミーティング」を企画されているスタッフの方々とミーティング。原発からTPP問題と2時間近くたっぷり語り合う「つどい」となりました。続きを読む

福井・若狭湾から原発をなくせ~近畿と福井で政府要請

file_20111122T180318044

 今日は、上京して、福井に集中する原発の問題で、政府へ要請・交渉にいってまいりました(写真は、同じく参加されたこくた恵二さんのHPより拝借しました)。
 「続きを読む」に要請の全文を掲載しておきましたが、経済産業省、環境省、文部科学省に、原発再稼働反対、すみやかな撤退、原子力防災、被災がれき処理、節電要請、再生可能エネルギーの普及などについて、政府の対応を求めました。
 参加したのは、こくた恵二、宮本たけし各衆院議員、山下よしき、井上さとし各参院議員、清水ただし大阪府副委員長ら次期衆院予定候補のみなさんと、佐藤正雄福井県議をはじめ、近畿と福井の地方議員のみなさん(兵庫からは宮田しずのり県議)でした。続きを読む
プロフィール

堀内照文
(ほりうちてるふみ)
 1972年11月2日、大阪市生まれ。
 1995年神戸大学文学部卒。

 卒業間近の阪神・淡路大震災では、学生の安否確認や下宿の確保、学費減免などの救援活動に奔走。

 04年参院選比例代表候補、07年、10年参院選兵庫選挙区候補、12年衆院選比例代表近畿ブロック候補。現在、衆議院議員(2014年総選挙で初当選)、党准中央委員。
もっと詳しく→
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
日本共産党のホームページへ
日本共産党兵庫県委員会のホームページへ
党書記局長、参議院議員・市田忠義のホームページへ
衆議院議員、党国会対策委員長・穀田恵二のホームページへ
衆議院議員・宮本たけしのホームページへ
参議院議員・山下よしきのホームページへ
QRコード
QRコード
ギャラリー
  • 採決は無効!委員会への差し戻しを~「強行採決」は許せません(速記録等を追記!)
  • 採決は無効!委員会への差し戻しを~「強行採決」は許せません(速記録等を追記!)
  • 今日も国会前行動が繰り広げられています(動画を加えました)~公聴会にはSEALDsの奥田愛基さん登場!
  • 今日も国会前行動が繰り広げられています(動画を加えました)~公聴会にはSEALDsの奥田愛基さん登場!
  • いよいよ国会は最大の山場を迎える週に突入!
JCP movie
Loading...